ポスドク研究員

朝井友紀子 (ASAI Yukiko)

2017-06-22 更新

所属部門 日本学術振興会特別研究員PD(在任期間:2015.4.1-2018.3.31)
専門分野 労働経済学
e-mail y_asai@iss.u-tokyo.ac.jp

経歴

2010年4月-2013年3月 東京大学社会科学研究所特任研究員
2013年4月-2015年3月 東京大学社会科学研究所助教
2015年4月- 東京大学社会科学研究所、日本学術振興会特別研究員PD

2015年度以降の業績

レフェリー付雑誌論文

  1. “Parental Leave Reforms and the Employment of New Mothers: Quasi-experimental Evidence from Japan”, Labour Economics, Volume 36, October 2015, Pages 72–83.
  2. “Childcare Availability, Household Structure, and Maternal Employment” (with Ryo Kambayashi and Shintaro Yamaguchi) Journal of the Japanese and International Economies, Volume 38, December 2015, Pages 172–192.
  3. 「育児休業給付金と女性の就業」(神林龍、山口慎太郎との共著)、2016、内閣府経済社会総合研究所 「経済分析」 第191号, pp.153-164.
  4. 「保育所整備は母親の就業率をなぜ押し上げなかったのか」(神林龍、山口慎太郎との共著)、2016、内閣府経済社会総合研究所 「経済分析」 第191号, pp.121-152.
  5. 「2007年の育児休業職場復帰給付金増額が出産後の就業確率に及ぼす効果に関する実証研究—擬似実験の政策評価手法を用いた試論」「日本労働研究雑誌」, No.644, 2014,pp.76-91.

ディスカッションペーパー

  1. “Effects of Subsidized Childcare on Mothers' Labor Supply Under a Rationing Mechanism” (with Shintaro Yamaguchi and Ryo Kambayashi), 2017, University of Tokyo ISS Discussion Paper F186,.
  2. “How Does Early Childcare Enrollment Affect Children, Parents, and Their Interactions?” (with Shintaro Yamaguchi and Ryo Kambayashi), 2017, University of Tokyo ISS Discussion Paper F184.

その他の雑誌論文

  1. 「労働市場における男女差の30年─就業のサンプルセレクションと男女間賃金格差─」『日本労働研究雑誌』№647,2014,pp.6-16.
  2. 「ケアマネジャーによる仕事と介護の両立支援の現状」(武石恵美子・松浦民恵と共著) 『日本労働研究雑誌』,No. 658, 2015, pp.66-79.
  3. 「介護不安を軽減するための職場マネジメント」(武石恵美子と共著), 『ワーク・ライフ・バランス支援の課題—人材多様化時代における企業の対応』, 佐藤博樹・武石恵美子編, 東京大学出版会, 2014.
  4. 「次世代法と企業による両立支援—"くるみん"は何をもたらしたのか」(佐藤博樹と共著), 『ワーク・ライフ・バランス支援の課題—人材多様化時代における企業の対応』, 佐藤博樹・武石恵美子編, 東京大学出版会, 2014.
  5. 「仕事継続を可能とする介護と仕事の両立支援のあり方—従業員の介護ニーズに関する調査報告書」(佐藤博樹と共著), 東京大学社会科学研究所ワークライフバランス推進研究プロジェクト, 2013.

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。