『社会科学研究』第56巻第1号

労働組合に関する日本人の意識の変遷―1973~2003年に実施された各種世論調査の結果から―
Trends in Japanese Public Opinion of Trade Unions, 1973-2003
間淵領吾/MABUCHI Ryogo

Keywords: 労働組合離れ, 労働組合の必要性, 信頼感, 連帯感, 成果主義的人事制度,

抄録

日本における労働者の労働組合離れに関わる意識の諸側面について,その時系列的推移を既存の世論調査や主要単産の労働組合員意識調査の結果により検討した.その結果,意識の上での労働組合離れは,極めて長期的に継続して進行してきたことが判明した.組合満足感については近年増加傾向にある労働組合もあるが,労働組合に対する有効性感覚,意見反映感,必要性感覚,信頼感や,労働組合の存在感は,いずれも概ね低下傾向にあることを明らかにした.また,職場における労働者の連帯感は喪失される趨勢にあり,同僚との理想とする人間関係も部分化・形式化が進行してきた.特に,職場における連帯感や人間関係の希薄化は,労働者の労働組合離れに大きく影響するものと考えられるが,近年の成果主義的人事制度の強調は,職場における労働者の利害共有感覚を失わせることに繋がり,連帯感や人間関係の希薄化を促進したものと考えられ,結果的に労働組合離れを加連させたのではないかと推測した. 

abstract

The diachronic change concerning awareness of views on the decline in trade unionism among workers in Japan is examined using data from several public opinion polls. Results show that workers'willingness to participate in trade union activity has consistently decreased over the last 30 years. Also mostly on the decline have been workers'senses of efficacy regarding trade unions, feelings of refiexivity regarding trade unions, senses of necessity for trade unions, trust in trade unions, and feelings of the "presence" of trade unions. Moreover, feelings of camaraderie in the workplace have lost ground, as human relations among colleagues have become increasingly fractionalized and formalized. It is surmised that these weakenings of personal relations and declines in feelings of camaraderie in the workplace have had a negative influence on workers'participation in trade unions in Japan.

社會科學研究 第56巻 第1号(2004-11-01発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。