『社会科学研究』第56巻第3・4合併号

戦略的なリーダーシップの形成とカルテルの実現可能性
Relationship between Price Leadership and Sustainable Collusion
石橋郁雄/ISHIBASHI Ikuo

Keywords: 独占禁止法, カルテル, 価格競争, 同調値上げ,

抄録

現実に観察される多様な企業行動の一つに,ある企業が先に価格変更を発表し,同業他社が一斉に同内容の価格変更を予告するという行為がある.実際に価格変更が行われる時は全ての企業がほぼ一斉に値上げを行っている以上,特定の順番で「予告」を行うこと自体には一見深い意昧はないように見える.本稿はこうした一連の行為をカルテルの文脈で理論的に分析した結果,とりわけ,低い割引率(discount factor)の下で,全ての企業が厳密に利得を増やせるようなカルテルが実現可能になるため,その戦略的価値は非常に高くなることを明らかにした.

abstract

This paper examines price leadership in the context of collusion. Using simple duopolistic price competition as a stage game, we analyze repeated price competition and show that payoffirrelevant timing structure allows all firms earn strictly higher profits especially when the discount factor is low. This result implies that the loss by the adoption of price leadership may be rather large when the price leadership appears from the collusive behaviors of firms.

社會科學研究 第56巻 第3・4合併号(2005-03-10発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。