『社会科学研究』第56巻第3・4合併号

H統計量と市場の競争度
H Statistics and Competitiveness of the Markets
松村敏弘/MATSUMURA Toshihiro

Keywords: H統計量, 競争度, 独占禁止法, 完全競争, 独占,

抄録

市場競争度を計る指標として用いられているH統計量について再考する.H統計量は,その市場が独占市場であることを否定する指標としては有用であるが,この数値の大小と競争度の間にはシステマチックな関係がないことを明らかにし,この指標を用いた実証分析は再検討の必要があることを明らかにする.

abstract

This paper reexamines the implications of H statistics, which are widely used as measures of competitiveness. Some researchers used H as a wrong way. They insisted that H<0 if and only if the market is monopoly and that H = 1 if and only if the market is perfectly competitive. I show that both are wrong. H can be negative or can be positive but strictly smaller one even in perfectly competitive markets. I also show simple examples illustrating that H statistics are related to the competitiveness.

社會科學研究 第56巻 第3・4合併号(2005-03-10発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。