『社会科学研究』第56巻第3・4合併号

競争と経済成長
Competition and Sector Growth
荒井弘毅/ARAI Koki

Keywords: 競争, 経済成城, ラーナー指数, 全要素生産性,

抄録

競争と経済成長に関して,Schumpeter(1942)以来,大企業は小企業よりもより技術革新的/集中的な産業における企業はより技術革新的という2つの異なる方向での理論的・実証的な分析がある.本稿は,深尾ほか(2003)のデータを用いて,セクター別に競争と経済成長の関係を検証した.結果としては,市場の競争が激しくなくなったセクター(独占度が高まったセクター)で,生産性の上昇をもたらす傾向が見られ,これは比較的TFP成長率が一定以上のセクターで,またその変動が激しくないセクターで見られた.

abstract

Regarding competition and sector growth, there are two different ways of theoretical and empirical studies since Schumpeter (1942) ; first, larger firms are more innovative than smaller firms ; second, firms in concentrated sector are more innovative than firms in not concentrated sector. This paper examines the latter aspect that is the relationship between competition andsector growth, sector by sector, by using data of Fukao, et al. (2003). Main result of this paper is that sectors of competition decreasing (sectors become concentrated) tend to raise the sector's productivity. This feature is likely to be seen in higher TFP growth sectors and smaller TFP growth's volatility sectors.

社會科學研究 第56巻 第3・4合併号(2005-03-10発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。