『社会科学研究』第56巻第3・4合併号

価格の上限規制と企業の生産特化
Price-ceiling and Product Specialization
松島法明/MATSUSHIMA Noriaki

Keywords: 価格の上限規制, 企業の特化戦略, 垂直的関係,

抄録

この論文では,2つの市場に財を供給する独占企業を考える.ある市場における価格規制が,独占企業の生産特化に及ぼす影響について簡単な考察を行う.価格の上限規制が課されると,独占企業はその規制が存在する市場に生産の重点を置くことが示される.対して,川上企業との取引を考慮して分析すると重点を置く市場が大きく変わり,上限規制が緩い場合には,規制の存在しない市場に重点を置くことが示される.

abstract

In this paper, I consider a monopolist who supplies to two markets. I briefly consider how a price-ceiling imposed on one of the markets affects the product specialization of the monopolist. The price-ceiling induces the monopolist to specialize in the market in which the regulation is imposed. On the contrary, if the monopolist procures its inputs from an upstream monopolist, the monopolist specializes in the market in which the regulation is not imposed, when the priceceiling is not so restrictive.

社會科學研究 第56巻 第3・4合併号(2005-03-10発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。