『社会科学研究』第56巻第3・4合併号

電力系統の固定費回収を考慮した送電容量の最適基準―わが国の串型連系系統へのインプリケーション―
Optimal Rules for Transmission Capacity Planning under Revenue Constraint : Implications to the Longitudinal Interconnected Power System in Japan
田中誠/TANAKA Makoto

Keywords: ノーダル料金, 固定費, 送電容量, ループ系統, ラディアル系統,

抄録

本稿では,ノーダル料金の適用下で,電力系統の固定費を回収しながら,設備形成を極力効率的に進めるための規制ルールを導出する.それは,混雑レントにより送電線の固定費を回収しつつ,長期社会余剰を極力大きくする送電容量の最適基準である.このルールに従えば,ループ系統では,混雑料金変化の効果と潮流変化を通じた外部不経済効果の差に応じて,送電容量を調整するのがよい.一方,ラディアル系統では,上記の外部効果が存在しないため,固有かつシンプルなルールが成立する.すなわち,混雑料金についての規模の弾力性に基づいて,送電容量を調整すればよい.特に,わが国の串型連系系統は典型的なラディアル系統であるため,本稿で導出する固有かつシンプルなルールを,直接応用することが可能である.

abstract

This paper develops regulatory rules based on nodal pricing to encourage the expansion of transmission capacity, while recovering the fixed costs of power system. These optimal rules for capacity planning are to maximize long-run social welfare under the constraint that the fixed costs are covered by congestion rent. In regard to a loop network, transmission capacity should be adjusted according to the difference between the effects of congestion rent changes and the externalities of power flow changes. With regard to a radial network, we derive unique and simple rules that are based on the elasticity of scale associated with congestion price. Particularly, these rules can be applied to the longitudinal interconnected power system in Japan.

社會科學研究 第56巻 第3・4合併号(2005-03-10発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。