『社会科学研究』第56巻第5・6合併号

「孤立した少数者」としての外国人―9・11後のアメリカにおける「法の支配」の一断面―
Protecting the Rights of Aliens in the Post-September 11 United States : Rasul v. Bush and the Vitality of "the Rule of Law"
安部圭介/ABE Keisuke

Keywords: 法の支配, 敵性戦闘員, 人身保護請求, 法の下の平等, 厳格審査,

抄録

同時多発テロ後のアメリカにおいてはさまざまな面で市民的自由が切り詰めら札「法の支配」が根本から掘り崩される事態が生じている.諸々の手続や処分が秘密裡に進められる傾向が強まり,外国人に対する差別的な取扱いも横行しつつある.「法の下の平等」というアメリカ的価値の基盤にも罅が入りはじめている.このような中,2004年の合衆国最高裁判決Rasul v. Bushは,アフガニスタンなどで身柄を拘束された後,キューバ国内の米軍基地に移送され,弁護士の援助も裁判所へのアクセスも認められなしまま施設に収容されていた「敵性戦闘員」らに人身保護請求を提起する権利を認めた.権力に対する法的歯止めの必要性を否定するかのようなブッシュ政権の対応に警告を発したものであった.他方,他の分野や下級審の動きに目を転じれば,外国人の取扱いをめぐって裁判所や裁判官の間に意見の対立があることもまた見て取れる.アメリカにおける「法の支配」は今後,同時多発テロの衝撃から緩やかに立ち直り,裁判官らの紡ぎ出すさまざまな判決に彩られながら,長い時間をかけて織り成され続けてゆくものと思われる.

abstract

In Rasul v. Bush, 124 S. Ct. 2686 (2004), the U. S. Supreme Court ruled that detainees held at the U. S. naval base at Guantanamo Bay could challenge the lawfulness of their detention by bringing a habeas corpus action in federal court. Petitioners were among hundreds of non-U. S. citizens who had been captured abroad during hostilities between the United States and the Taliban ; they were held incommunicado for more than two years on suspicion of sympathizing with terrorists. The government argued that the federal courts lacked jurisdiction because Guantanamo is formally part of Cuba, but the Court made it clear that federal courthouses are open to aliens held on U. S. -controlled soil by the American military. Together with other decisions, Rasul exemplifies the Court's strong commitment to the ideal of the rule . of law, although it seems that there are conflicting views among the justices, as well as among legal experts, about how and to what extent the rights of aliens should be protected in other contexts.

社會科學研究 第56巻 第5・6合併号(2005-03-30発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。