『社会科学研究』第56巻第5・6合併号

国際社会における「法」観念の多元性―地球大の「法の支配」の基盤をめぐる一試論―
The Plurality of Law in International Society : An Essay on the Foundations of the Global Rule of Law
齋藤民徒/SAITO Tamitomo

Keywords: 法多元主義, 国際法の法的性質, 立法条約, 契約類推, 国内モデル,

抄録

グローバルな「法の支配」を議論する前提として,国際社会における「法」観念の多元性につき,国際法学の見地から,議論の現状と問題点を把握し,今後の理論化のための枠組みを素描することを試みる.具体的論点として,「国際法は法か」,「条約は法か」という争点を取り上げ,これらの問いの前提を問い返すことを通して,国際社会において「法」観念が問われる文脈の多様性を把握し,国際社会における「法」観念の多元性を提えるための理論的課題を指摘する.

abstract

As a prerequisite for the designing of the global rule of law, this article identifies theoretical problems concerning the plurality of law in international society and attempts to develop a framework for future research. By examining dominant assumptions underlying the well-known issues such as the legal character of international law and treaties, this article explores the diversity of contexts in which the concept of law has relevance in international society and outlines theoretical agenda for elucidating its plurality.

社會科學研究 第56巻 第5・6合併号(2005-03-30発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。