『社会科学研究』第57巻第1号

市場経済の世界化と法秩序の多元化―グローバル部分システムの形成とその立憲化をめぐる議論の動向―
Global Market Ecortomy,Pl ural. Legal Order : Emerging Global Subsystems and their Constitutionalization
伊藤一頼/ITO Kazuyori

Keywords: 私的規範形成, グローバル部分システム, 立憲化, 自省的法, WTO,

抄録

 現代社会では,世界規模での市場経済化の急速な進展に伴って,ルールの形成や実施における私的主体の関与も活発化しており,各種の専門分野で公私協働の新たな規制形態が出現しつつある.そこでは,法秩序も多元的な部分システムへと機能分化を遂げているが,それが個々の部分システムの論理を超えた社会的な正統性を持つための条件として,部分システムの「立憲化」の必要性を説く研究が存在する.この立憲化概念の核心は,各々の部分システムが自己反省的に対外的な正統性を考慮することで,部分システム間に相互尊重・相互学習の気運が醸成されるという点にある.本稿は,WTOに関して提示されている様々な立憲化構想のうち,こうした「部分システム立憲化」の理念に最も適合する議論を選び出したうえで,この立場を基礎として,WTOの社会的正統性が問われる非貿易的関心事項などの問題に対処していくべきであると主張する.

abstract

Today's broad expansion of market-oriented economy on a global scale has rendered private actors widely involved in the rule-making and rule-implementing processes, resulting in the new regulatory form of public-private collaboration in each specialized issue area. This has also provoked the functional differentiation of legal order into plural subsystems. Each of these subsystems, according to some scholars, must be "constitutionalized" if it seeks to attain society-wide legitimacy beyond its parochial rationality. The concept of constitutionalization contains in its core the reflexive consideration by each subsystem of its external legitimacy, cultivating among those subsystems mutual respect and mutual learning. This concept of constitutionalization would also be helpful in improving the legitimacy of the World Trade Organization (WTO), especially when it has to deal with the problem of non-trade issues.

社會科學研究 第57巻 第1号(2005-08-03発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。