『社会科学研究』第57巻第1号

「国際環境法上の原則」の分析枠組
An Analytical Framework of "Principles of International Environmental Law"
鶴田順 /TSURUTA Jun

Keywords: 条約法, 国際環境法, 一般原則条項, 現実適合性, 規範的自律性,

抄録

 「国際環境法上の原則」なる主題を扱った論考の多くでは,「原則」にまつわる多様な論点が個別的かつ並存的に扱われる傾向があり,それぞれの論点相互の関係性は十分に意識されておらず,また,「原則」にまつわるミクロな論点の分析がいかなる次元において展開されているかも十分に明らかにされていない.本稿は,そのような既存の論考の問題点を克服し,「国際環境法上の原則」が有する多様な可能性を可視化していくような分析枠組を,国際環境条約の動態的な展開における「一般原則条項」の作動に着目しつつ,模索した論考である.

abstract

Many of the studies on the subject of "principles of international environmental law" tend to treat the various micro-points of them separately, not taking the relationships between the various points into enough consideration, and thus to make the analytical dimension of the micro-points of principles unclear. This review article tries to present an analytical framework of "principles of international environmental law" for overcoming these problems, and for making the various possibilities of principles more visible, paying attention to the operation of "the genaral principle clause" under the dynamic process of international environmental treaty.

社會科學研究 第57巻 第1号(2005-08-03発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。