『社会科学研究』第57巻第1号

国際法学における「文化」―人権条約の研究動向に照らして―
The Concept of Culture in the Theory of International Law: A Review of Studies on International Human Rights Treaties
齋藤民徒/SAITO Tamitomo

Keywords: 法と文化, 文化相対主義, 再帰的(自省的)論理, 人権条約実践, 地図としての法,

抄録

 本論文では,国際人権法の近時の研究動向を「文化」という切り口からレビューする.(1)国際法研究において「文化」を語る意義がどこにあるか,(2)国際人権法とりわけ人権条約研究において「文化」を具体的にどのように語りうるか,という2つの課題を軸に近時の諸研究を概観することを通して,国際法学において「文化」概念が持ちうる可能性と問題点とを探究する.具体的には,これまでの国際法学・国際人権法学において,どのように「文化」が捉えられてきたか,従来の研究に批判的検討を加えた上で,「文化としての人権」や「文化としての条約」といった人権条約の重層的構築の様々なレベルに位置づけながら近時の各種研究を整理する.これらの作業を通じて,本論文は,「文化としての国際法」を語りうる方法としての文化概念,すなわち,国際法実践と国際法学を通じた法的世界像の構築を1つの地理的・歴史的な文化的営為として把握しうる再帰的な文化概念を近時の研究動向に見出し,今後の国際法研究に繋げることを試みる.

abstract

This article reviews recent studies in international human rights law in terms of "culture". The author critically examines how culture has been conceived in international legal studies and then proceeds to draw a map of recent studies, charting them out in light of the different layers in the construction of human rights treaty practice, such as "human rights as culture" or "treaties as culture". The review intends to expose a concept of culture as a methodological tool in such a way as to be able to understand "international law as culture", that is, a reflexive concept which enables to understand the construction of legal reality in the theory and practice of international law as a contingent, local and historical practice. This article attempts to find such a concept of culture in recent studies and develop its implications for future research.

社會科學研究 第57巻 第1号(2005-08-03発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。