『社会科学研究』第57巻第1号

女性の就業とディストレスの関係―ファミリー・フレンドリー制度の効果と役割の質―
The Relationship between W omen' s W ork and their Psychological Distress in Jap an: Family Friendly Policies and Quality of Roles
松田茂樹/MATSUDA Shigeki

Keywords: ディストレス, ファミリー・フレンドリー制度, 役割の質,

抄録

 家族と職業へのストレス論的アプローチの研究では,女性就業が本人の心理的状態に及ぼす効果について役割展開仮説と役割過重仮説が提示されている.米国の研究においては子どもを持つ女性では基本的に後者が支持されているが,わが国では両仮説とも明確に支持されず,その理由が問題にされている.この理由は,従来の研究が女性就業を常用雇用,臨時雇用,無職という区分で分析しており,有業者の働き方の中身を考慮していなかったことにある.この点を考慮することが,女性就業と心理的状態の関係の理解を助ける.本稿では,ファミリー・フレンドリー制度の変数を導入してわが国における女性就業とディストレスの関係を分析した結果,小学生以下の子どもがいて同制度が整備されていない職場に勤める常雇女性は,無職女性よりも役割過重であることが見出された.この結果をふまえて,新たに役割の質仮説を提示する.個人の心理的状態は役割の質に依存する.

abstract

According to theoretical approach of stress theory to family and work life, role expansion hypothesis and role overload hypothesis are framed in the studies which research the relationship between women's work and their psychological conditions. Neither former nor latter one were supported among women having children in Japan, instead the latter was supported in the United States. The reason of Japanese results is caused by the variable of working status in the previous research, which used the category: full-time worker, part-time worker, not employed, and didn't classify the difference among employment. This article uses variable of family friendly policy in office. The results support the role overload hypothesis among full-time worker having under primary school children. This paper present "Quality of Roles Hypothesis" based on the results. Individual psychological condition is depended upon quality of roles.

社會科學研究 第57巻 第1号(2005-08-03発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。