『社会科学研究』第57巻第2号

EUにおける自動車関連環境規制の政策形成・実施過程―技術的基準の形成と変容,設定プロセスとアカウンタビリティーの確保を中心に―
Policy Making and Implementation of Environmental Regulations of Automobiles in the European Union : Focusing on the Forms and the Transformation of Technical Standards, the Management of Standards Setting Process and the Accountability Mechanism
城山英明/SHIROYAMA Hideaki

Keywords: 自動車関連環境規制, 技術的基準, オート・オイル・プログラム, 自主協定, ステークホルダー・インボルブメント,

抄録

 1980年代までは,欧州における自動車関連環境規制のための技術的基準(自動車排出基準,燃料品質基準)は緩やかなものであったが,1990年代以降,急激に強化されていった.その際,燃料品質基準策定の基礎となったオート・オイル・プログラムや,温暖化対応のための自主協定という新たな方式が活用された.オート・オイル・プログラムは,石油業界と自動車業界の参加の下,適切な政策手段の組み合わせを費用対効果の観点から抽出するという目的を持つとともに,両業界の負担分担の調整を担っていた.また,欧州委員会と各自動車工業会との自主協定は,長期的な業界平均での目標値を設定するものであった.このような政策プロセスにおいては,自動車業界や石油業界といったステークホルダーの役割が明示的に重要になりつつある.しかし,政策プロセスの民主化の要請からは,どのようなステークホルダーをどのような段階で参加させるのか,欧州議会の役割をどのように位置づけるのかが課題となる. 

abstract

Technical standards related to the environmental regulations of automobiles have been strengthened especially after 1990 in the EU. New mechanisms such as Auto-Oil Program and voluntary agreements were invented for the last decade. Auto-Oil Program was the mechanism for calculating best mixes of technical standards involving the auto industry and the oil industry and coordinating burdens among them. Voluntary agreement among European Commission and respective automobile associations such as ACEA is the flexible mechanisms for setting long term target of average CO_2 emission for each association. In the policy process above, involvement of stakeholders such as auto industry and oil industry is important, but it is also necessary to pay attentions to the choice of stakeholders, process design and the role of European Parliament.

社會科學研究 第57巻 第2号(2006-01-31発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。