『社会科学研究』第57巻第3・4合併号

方法としての計量歴史社会学―階層・移動研究を中心として―
Quantitative Analysis in the Historical Sociology
佐藤香/SATO Kaoru

Keywords: 計量歴史社会学, 階層・移動研究, SSM調査, 社会調査データ, モノグラフ,

抄録

 本稿は,歴史社会学における計量的手法の可能性について考察することを目的としている.計量歴史社会学という名称はあまり一般的なものではないが,研究史を概観すればわかるように,1970年代までの歴史社会学的な研究においては,計量的な手法が多くもちいられていた.この時期の歴史的研究は広い意味で階層・移動研究に分類されるが,その後の研究の展開のなかで,階層・移動研究と歴史的研究とは乖離していく.90年代になり,社会調査データをもちいた計量的手法による歴史研究の試みがなされるようになった.けれども,その方法は現在も模索段階にあるといえる.一方で,近年,既存の社会調査データへのアクセスが容易になりつつあり,これによって計量的な歴史研究に大きな可能性が開かれた.ただし,その可能性を現実のものにするためには,いくつかの重要な課題を乗り越える必要がある.

abstract

This paper aims to investigate the possibility of quantitative analysis in the historical sociology. Quantitative analysis in the historical sociology is not very popular today, however, it was generally used until 1970s. Many of the studies of historical sociology in that time concerned to the theme of social stratification and social mobility. After 1980s, the Quantitative sociology which has less historical concern led the development of studies of social stratification and social mobility. It seems now that quantitative sociology is very different to the historical sociology. Although quantitative studies used social investigation data has begun in 1990s, it is still at groping stage. On the other hand, it has become desire to obtain social investigation data. It opens the new possibility of quantitative analysis in the historical sociology.

社會科學研究 第57巻 第3・4合併号(2007-03-09発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。