『社会科学研究』第57巻第5・6合併号

乗数理論のミクロ的基礎について
On the Microeconomic Foundation of Fiscal Multiplier
大瀧雅之/OTAKI Masayuki

Keywords: 財政乗数, 貨幣の非中立性, 世代重複モデル, 独占的競争, 貨幣発行益,

抄録

 本稿では貨幣を保蔵手段とした世代重複モデル(OGモデル)と独占的競争均衡を用いて,動学的な乗数理論を構築した.従来のMankiw (1988), Startz (1989), Reinhorn (1998)らの乗数理論では増税が負の所得効果を通じて労働供給を増加させる効果が支配的であった.このため浪費的な財政政策は却って経済厚生を低下させるという結論が得られていた.モデルの動学化により,Mankiwらには存在しない二つの相乗効果が生まれ,浪費的であっても不完全雇用下の拡張的財政政策が経済厚生を改善するという命題を得た.二つの相乗効果とは,貨幣発行益による財政支出のファイナンスと貨幣の非中立性である.まず貨幣発行益によるファイナンスは,税負担なしに財政拡張が可能になり,経済厚生を低下させる経路が遮断される.さらに本稿モデルでは相対価格であるインフレ率は名目貨幣供給量から独立に決定され,現在の物価水準もそこから独立となる.したがって政府は実質貨幣残高をコントロールが可能で,貨幣は非中立的となり,財政拡張に伴う貨幣増は有効需要を刺激し,独占利潤の増加を通じて経済厚生を高めるのである.

abstract

A dynamic multiplier model with microeconomic foundation is constructed. Different from Mankiw (1988), expansionary fiscal policy underemployment equilibrium improves economic welfare even if it is wasteful. We use a two period overlapping-generations model (OG model) in production economy. The crucial mechanisms are as follow: The first device is the assumption that the government expenditure is financed by the seigniorage. By this assumption, it needs no tax burden for financing the expenditure. The second one is the non-neutral of money. Inflation rate is determined independent of nominal money supply by rational dynamic economic behavior. Nevertheless the current equilibrium price level can be arbitrarily fixed because there is no relevant end-point condition in infinite horizon OG model. Hence when nominal money supply increases through the government expenditure, production and Income levels are heightened. Since it also increases consumption, multiplier process starts.

社會科學研究 第57巻 第5・6合併号(2007-03-28発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。