『社会科学研究』第58巻第2号

ポスト・ジェンダー期の女性の性売買―性に関する人権の再定義―
Sex Trafficking of Women in the Post-Gender Era : Rede五ningHuman Rights Regarding Sex
中里見博/NAKASATOMI Hiroshi

Keywords: ジェンダー, セクシュアリティ,売買春, 性的自己決定権, 性的人格権,

抄録

 女性の性売買は, 深刻な性的不平等であるにもかかわらず, 今日継続されている.売買春は, その内と外の女性に対する暴力の誘発, ジェンダーの再生産, ジェンダー化されたセクシュアリティの構築という実質的な意味で性差別の制度的実践にほかならない, 売買春を「性的サービス労働」の売買とみなす「性=労働」論は, 売買春の現場で行なわれている性的使用=虐待を「サービス労働」と称して正統化するものである, 性差別・性暴力と対抗してきた性的自己決定権という人権は, 売買春に適用されて変質した.それは売買春を雇用労働とすることを否定するが, 自営業の売買春を否定できず, 合法化する働きをなしうる.しかも自営売春業の合法化は売買春による差別・被害を全社会規模で拡大することになる.元来性的自己決定権と一体であったにもかかわらず矮小化され喪失された性的人格権を復位させる必要がある.そうすることで買春行為は, 金銭で性的人格権を買い取る違法な行為と評価することができ, 例えばスウェーデンでは実現している買春者処罰法のような売買春禁止法への展望が拓けるであろう.

abstract

Although it is a serious system of sex inequality, sex trafficking of women continues to exist. Prostitution is a practice of systematic sex inequality because it promotes violence against women; reinforces gender inequality; and constructs gendered sexuality. The notion of "sexwork" is false in that it cannot explain why money is paid for sexual acts such as those in which one is bound like a slave and not able to "work" at all. Although the right of self-determination in sex has contributed to combating gender-based violence, it takes on a different nature when applied to prostitution. It denies treating prostitution as employed work, but accepts self-employed prostitution. When legalized as a self-employed profession, prostitution will dramatically expand gender discrimination and violence against women due to prostitution. We need to reinstate the personal right to human dignity in sex. Enshrining this personal right in laws would allow societies to outlaw the obtaining of sexual services in exchange for payment because prostitution would then involve the purchase of this inviolable right.

社會科學研究 第58巻 第2号(2007-02-02発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。