『社会科学研究』第58巻第3・4合併号

高度成長期における大阪都心の土地所有構造
The Changing Structure of Landownership in the Central District of Osaka.1955-1973
名武なつ紀/NATAKE Natsuki

Keywords: 高度成長期, 土地所有, 都心部, 高層化, 不動産賃貸,

抄録

 本稿の課題は, 不動産業の基礎的条件である土地所有構造を, 高度成長期の大阪都心部を事例に明らかにすることである.この点の解明については, その重要性が認識されつつも, 資料的制約から研究蓄積が乏しかった.本稿では1955年と1975年の土地台帳と土地登記簿の悉皆調査を試みることで, 分析をすすめる.その結果, 高度成長期の前半においては, 大企業による土地集中が進行したが, 後半に至って, 大阪都心部の土地取引が沈静化したことが明らかとなる.この土地所有構造固定化の要因を, 都市の高層化に伴う土地の需要者と供給者の条件変化から浮き彫りにする.

abstract

This article clarifies the changing structure of landownership in the central district of Osaka. It has been argued that landownership is an important issue in the study of Japanese economic history. The new findings presented here have been derived from a complete survey of the land registry of the central district of Osaka. The survey deals with all the landowners of this area from the records for 1955 and 1975.

社會科學研究 第58巻 第3・4合併号(2007-03-09発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。