『社会科学研究』第58巻第5・6合併号

2003年総選挙における候補者レベル公約と政党の利益集約機能
Party Policy Coherence in Jap an :Ev idence from 2003 Candidate-Level Electoral Platforms
堤英敬, 上神貴佳/TSUTSUMI Hidenor, UEKAMI Takayoshi

Keywords: 選挙公約, 政党, 空間競争,

抄録

 本論文は,2003年総選挙の公約データを用いて,「政党・政策中心の選挙」の現状と政党内における政策的な分散を説明する「選挙制度不均一モデル」を検証する.前者については,自民党と民主党,二大政党間の政策的な違いは大きいといえず,両党内の政策的な凝集性も低いことを示した.また,「選挙制度不均一モデル」が予測する衆議院と都道府県議会において異なる選挙制度の効果については,系列関係の程度や地方議会選挙における競合のあり方に応じて,国政レベルの政策対立が末端まで浸透しないことを部分的に確認した.

abstract

In this paper, we clarify whether party/policy-centered electoral competition has been realized and examine the "inconsistent electoral system" model by analyzing candidate platform data of 2003 general election. The differences of policies between Liberal Democratic Party (LDP) and Democratic Party of Japan (DPJ), which are major two parties in Japan, are not large and intra-party policy cohesion is low. As for the effect of different electoral systems of Diet and Local Assembly, it was partially confirmed that policy competitions at national level did not penetrate those at the local level. This is due to the strength of affiliated relation (Keiretsu) between Diet members and Local Assembly members and the different types of competition in Local Assembly elections.

社會科學研究 第58巻 第5・6合併号(2007-03-28発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。