『社会科学研究』第59巻第2号

釜石製鉄所の経営合理化をめぐる労使の対応 ―「組織の希望」と雇用保障―
Industrial Relations Relating to Restructuring in the Kamaishi Iron and Steel works : Hope of Organization and Employment Security
青木宏之/AOKI Hiroyuki

Keywords: 経営合理化, 「組織の希望」, 技術開発, 労働運動, 鉄鋼,

抄録

 本稿の目的は,釜石製鉄所の経営合理化をめぐる労使の対応を,キーパーソンの認識に着目して明らかにすることである.釜石製鉄所では,1960年代前半から徐々に工場を閉鎖し,現在は線材工場のみが稼働している.この厳しい経営合理化は,従業員のみならず企業城下町に住む近隣の住民に大きな影響を与えるものであった.この合理化問題においては,本社と事業所の間の対立が鮮明であり,釜石内での労使関係は相対的に安定していた.釜石経営陣は,労働側が配転・出向や要員合理化にできる限りの対応をしていると評価しており,他方,釜石労組のリーダーは,釜石経営陣の雇用保障や製鉄所存続へ向けた取り組みを高く評価していた.なかでも,技術者達の技術開発の努力は線材工場の存続に直接的につながった.本稿では,こうした合理化への労使の対応を,「組織の希望」という観点からとらえなおした.

abstract

The purpose of this paper is to clarify the behavior of management and union toward restructuring in Kamaishi iron and steel works by applying interview method. Kamaishi iron and steel works was restructured from 1960, and, now, a wire rod plant only operated. This downsizing impacted employee and Kamaishi town. There is serious conflict rather between head office and Kamaishi Works than between management and union. Union leader recognized that manager sufficiently try to secure employment and to resist the restructuring. About all, engineer's efforts directly lead to development a wire rod plant. On the other hand, manager recognized that worker sufficiently try to answer the restructuring. Consequently, even under the serious restructuring, peace of industrial relation was maintained. In this paper, the behavior of management and union are reconsidered from the viewpoint of hope of organization.

社會科學研究 第59巻 第2号(2008-02-25発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。