『社会科学研究』第59巻第2号

釜石市における漁業 ― 経済振興策と家族・地域・漁協―
Fisheries in Kamaishi : Households, Communities and Fisheries Cooperatives under the Economic Promotion Programme
加瀬和俊/KASE Kazutoshi

Keywords: 漁協, 漁業権, 組合員資格, 養殖業, 定置網,

抄録

 釜石市では一次産業の中で農業は産業的にほぼ消滅してしまったのに対して,漁業は経済的・社会的に大きな役割を果たしている.水産加工業,冷蔵庫業等を加えれば,その経済的位置は相当に大きい.製鉄所関連の雇用が減ってきた中では,特に沿海地区集落における最大の産業として漁業の就業面での役割が大きい.本稿は,各世代の漁業者のインタビューを通じて,当地の漁業・養殖業の経済的・社会的実態を把握した上で,漁業者のとっている経営戦略,今後の経営方向についての希望・意図等について分析したものである.本稿はさらに,漁協の意思決定プロセスについて注目している.釜石市には3つの漁協が存在するが,それは漁業者のために最も有効に漁場を利用するという役割を任されている.

abstract

Fisheries play a considerable role, economically and socially, in Kamaishi, while agriculture has almost disappeared. Fisheries including marine-products processing industries and refrigerator industries occupy rather an important position. As the total employment has declined because of the shrinkage of steel-related industries, self employment in fisheries is relatively reliable, particularly in the coastal hamlets. This paper, clarifying the economic and social situation of fisheries and aquaculture, analyses the fishers'strategy, their hope and intention toward the future, through the interviews with fishers of each generation. Furthermore, this paper pay attention to the decision making process of fisheries cooperatives. There are 3 fisheries cooperatives in Kamaishi, who work to make the best use of fishing grounds for fishers.

社會科學研究 第59巻 第2号(2008-02-25発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。