『社会科学研究』第59巻第3・4合併号

政界再編と地方政治―岩手県釜石市の事例を中心として―
National Party Realignment and Local Politics in Japan : The Case of Kamaishi City Council Members
上神貴佳/UEKAMI Takayoshi

Keywords: 政党再編成, 地方政治, 市議会議員, 系列関係, 大選挙区制,

抄録

 国政レベルにおける政党再編成は,なぜ地方政治に浸透しないのであろうか.本稿は岩手県釜石市議会議員に対するアンケート調査を用いて,国と地方における政党政治が連動する程度は政治家間のリンケージのあり方と地方議会の選挙制度によって左右されるとの仮説を検証する.分析の結果によると,国政レベルの政党再編成の影響を強く受けている県政とは対照的に,釜石市議会においては,党派的変容の痕跡を見出すことが難しい.国会議員と釜石市議の関係はインフォーマルな系列関係によって結ばれており,政党によって媒介されない割合が高いこと,釜石市議を選出する定数26の大選挙区制においては,政党ラベルに基づく棲み分けよりも地域的な棲み分けが有効な選挙戦略であることの双方が確認された.我が国の市町村議会においては,系列関係と大選挙区制の組み合わせが比較的に多いと考えられるため,本稿の分析結果には釜石市の事例を超えるインプリケーションがあるといえる.

abstract

This paper explores the reason why national party realignment does not necessarily penetrate into local politics in Japan. Utilizing the survey of Kamaishi city council members, this paper tests the following hypothesis: the relationship between national and local partisan politics depends on the types of linkage which knit politicians together and the effects of multi-member district system used in the local assembly elections. The analysis shows, rather than the formal party ties, the large part of Kamaishi city council members is tied up with the national diet members by the informal Keiretsu relationships, and the division of votes needed in the multi-member district system coincides with the regional line, not the party one. This is why it is so difficult to find partisanships in Japanese local politics.

社會科學研究 第59巻 第3・4合併号(2008-03-14発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。