『社会科学研究』第59巻第5・6合併号

非正規雇用の医療保障 ― アメリカ産業・雇用構造の変化との関連で―
Health Care Security for Contingent or Alternative Workers : In relation with change of the industrial and employment structures of United States
長谷川千春/HASEGAWA Chiharu

Keywords: 雇用主提供医療保険, 非正規雇用, 医療給付, ウォルマート, アメリカ型医療保障システム,

抄録

 アメリカの医療保障システムは,他の先進諸国と共通に医療費の膨張という問題を抱える一方で,他の先進諸国とは違って国民全体を対象とした医療保険制度がなく,21世紀に入ってからの無保険者数の急増,また医療保障の不安定層の拡大という問題も抱えている.システムの中核的役割を担ってきた雇用主提供医療保険を通じた医療保障が問題視される背景には,アメリカの産業・雇用構造の変化がある.すなわちもともと医療給付の提供率が低い,あるいは不十分な業種・職種が雇用の受け皿として拡大し,そのことが医療保障の不安定層の拡大につながっている.パートタイム雇用を含めた非正規雇用は,雇用を通じて医療保険に加入する資格が得られにくく,さらにウォルマートのように医療給付制度があっても被用者の保険料負担や高額な免責金額の設定から,必ずしも医療保険に加入できないあるいは不十分な医療保障しか受けられない被用者になりやすいといえる.

abstract

While the American health care security system has a problem of expansion of medical expenses in common with other advanced nations, it also have a problem of rapid increase in number of the uninsured or underinsured after entering in the 21st century. Employer-sponsored health insurance has played a hard-core role of the system, but is regarded as questionable; because there is change of U.S. industry and employment structure (workers in service or retail/wholesale industries and service or sales occupations that could be offered health benefits rarely or insufficiently by their employers). Contingent workers or part-time workers are hard to join own employer-sponsored health insurance. Wal-Mart Stores sponsors health insurance for their employees, but they could receive insufficient health security because their burden of premium payment or high deductible of health plans.

社會科學研究 第59巻 第5・6合併号(2008-03-21発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。