『社会科学研究』第59巻第5・6合併号

ロサンゼルス福祉改革における民間化の特質― GAINケースマネジメントを中心に―
Features of the Privatization in LA Welfare Reform : Focus on GAIN Case Management
木下武徳/KINOSHITA Takenori

Keywords: 0

抄録

 本論文は,カリフォルニア州LAにおける福祉改革の就労支援プログラムであるGAIN のケースマネジメントの民間化の特質を明らかにする.第一に,LAの福祉改革について説明し,GAINケースマネジメントが福祉改革実施のための重要な役割を持つことを明らかにする.第二に,LAの委託契約のルールについて,特に委託契約の目的はコスト削減であるが,その入札評価では入札業者の経歴や組織能力を評価することも含まれることを説明する.第三に,GAINケースマネジメントの委託契約の流れとその内容,特に民間企業の効率的な運営と成果をあげるために導入された仕組みを明らかにする.最後に,LAの民間化の特質として,公的機関と民間企業を競争させて公的機関,民間企業双方の効率的な運営が期待され,公的機関の政策運営能力を向上させることが含意されるが,職員配置の問題やモニタリングコストの増大がコスト削減効果を後退させているという問題もあることが指摘される.

abstract

This article clarifies the features of the privatization of the GAIN case management in LA county welfare reform implementation. GAIN is the work activity program of the welfare reform in LA, State of California. Firstly, I explain the outline of welfare reform in LA and make clear that the GAIN case management has an important role for welfare reform enforcement. Secondly, a cost effective is crucial matter of contract out in LA. However, the bid evaluation included to evaluate a career and organizational ability of the bid proposer. Thirdly, I clarify the bid process for contract out of the GAIN case management and explain this contracts contains the structure to give effective administration to the private enterprize like Incentive Payments and Performance Requirements. Finally, this article concludes that a competition between Public and Private Agencies promotes the effective management of Public and Private Agencies each other and improve the capability and performance of policy administration of the government. On the other hand, there are problems such as the staff re-placement by privatization and the increase of the monitoring cost offset a cost cut effect.

社會科學研究 第59巻 第5・6合併号(2008-03-21発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。