『社会科学研究』第60巻第2号

行政化する国際経済犯罪規制について ―マネーロンダリング犯罪研究を手がかりとして―
On International Economic Crime Regulation Governed by the Administration : A Review for Studies on Money Laundering Regulation
山内由梨佳/YAMAUCHI Yurika

Keywords: 際経済犯罪, マネーロンダリング規制, グローバル行政法, 国際法と国内法, 国際法関与者,

抄録

 近年活発に行われている国際経済犯罪規制は, 犯罪の客体である金融が極めて高い移動性を有することに伴い, 領域性原理を基盤とした国際刑事法体系に修正を迫りつつある. 国際刑事法学の現実適合性を維持するために, 国際経済犯罪の規制態様を理論的に定位する上では, 刑事規制を行政統治の側面から把握しなおすことが有用である. このような試みとして, 例えば近時, 国際統治をグローバル行政法による規律として捉えた上で, グローバル行政法が伝統的な国際法枠組に与える影響を解明しようとする研究が増加している. 本論文は, それら最新の研究動向を手がかりとしながら, (i)国際法と国内法の区分が相対化することにより引き起こされる正統性と実効性の問題が国際経済犯罪規制との関連でどのように表出するかについて, また, (ii)行為主体の理論的定位が国際経済犯罪規制との関連でどのような形で可能であるかについて, 関連する問題群を整理し, 国際刑事法の観点から国際経済犯罪規制の理論化をなす必要性を強調する.

abstract

Increasing regulation on international economic crime (IEC), of which nature is highly functional, does not seem to fit in traditional territorially-based international criminal legal system. Since IEC regulations are lead by administrative branch, it is useful to analyze it from the perspective of administrative governance. Recent years have seen increasing scholarly works of global administrative law (GAL), which attempt to explore the impact of GAL on traditional framework of international law. This article reviews the latest works on IEC regulation and deals with questions such as; (i) how the problem of legitimacy and effectiveness appears when the distinction between international law and domestic law melts down, and, (ii) how non-state actors in IEC regulation systems could be theorized under international legal system. It thus contends the importance of studies on IEC regulation from the standpoint of international criminal law.

社會科學研究 第60巻 第2号(2009-02-03発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。