『社会科学研究』第60巻第2号

アメリカの1990年改正大気浄化法と排出権取引―州・連邦関係と政策形成過程―
Enactment process of emission trading under Clean Air Act Amendment of 1990 : An examination from State and Federal relationship
櫻井泰典/SAKURAI Taisuke

Keywords: 排出権取引, 環境, 政治過程, 州, 連邦,

抄録

 本稿は, アメリカの1990年大気浄化法により導入された二酸化硫黄の排出権取引の導入過程をその前史を含めて検討し, アメリカ的な特徴を典型的にあらわす州・連邦関係に着目しながら, その政策形成過程の特徴を抽出することを目的としている. 世界的に評価の高い1990年大気浄化法に基づく排出権取引制度は, 二酸化硫黄の排出地域と酸性雨の被害を受ける地域の対立を背景に成立が難航する中, 連邦議会において各州の利害調整が行われ, 結果として大気浄化に既に取り組んでいる州と, 制度が導入の費用が過大な, 浄化対策が遅れている州の双方に追加の排出権を与える妥協が成立した結果誕生した. また, 本制度の実現に際しては, 1970年大気浄化法の元での各州の排出権取引の取り組みが重要な役割を果たしており, 州レベルの工夫が「連邦の実験室」として機能し, 連邦レベルでの政策に反映されるという流れが如実に現れている.

abstract

Enactment process of emission trading system under Clean Air Act of 1990 is interesting from the perspective of federal and states relationship. The system is realized by solving severe opposition mainly between North Eastern states and MidWest. Both areas insist their interest in the Federal diet. After long argument, it was solved by giving bonus allowance to both areas. States experiences of operating emission trading under Clean Air Act of 1970 also play a important part. The process clearly describes typical character of policy making process in United States, solving states interest conflict in the diet and state's "laboratory effect" to federal policy. With state's experience and flexible conflict solving political system in federal diet, the epoch making emission trading system was realized.

社會科學研究 第60巻 第2号(2009-02-03発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。