『社会科学研究』第60巻第2号

近年におけるアメリカの財団による対外援助の動向
The Trend of the Foreign Aid by the American Foundation in late years
河﨑信樹/KAWASAKI Nobuki

Keywords: 対外援助, フォード財団, 援助プログラム, 政府開発援助, 財団,

抄録

 本稿の課題は, 近年におけるアメリカの民間部門による対外援助の動向を, 特に財団の活動を中心に分析することである. アメリカにおいては, 民間部門が文化・芸術, 社会保障など様々な分野で大きな役割を果たしている. 対外援助の分野も例外ではない. G・W・ブッシュ政権の下でアメリカの政府開発援助(ODA)は激増したが, 政府部門の分析のみではアメリカによる対外援助の全体像を明らかにすることはできない. 本稿では, 冷戦の終焉や「同時多発テロ」の発生といった国際情勢の変化の中, 財団を含むアメリカの民間部門による対外援助がどのように推移していったのかについて明らかにする. 特に, 対外援助に積極的に取り組んできた代表的な財団であるフォード財団(The Ford Foundation)の1980年代後半以降の活動を, 援助資金が重点的に配分されたプログラム分野の変遷に著目し, 検討していく.

abstract

A problem of this article is to analyze the trend of the foreign aid by the American private sector in late years, mainly on the activity of the foundation. In America, the private sector plays an important part in various fields such as culture/ art, social security. The field of the foreign aid is not an exception, too. The American ODA increased remarkably in the times of G. W. Bush administration, but cannot clarify the perspective of the forelgn aid by America only by the analysis of the public sector. In this article, I analyze it how a foreign aid by the private sector of America changed in the change of the international order such as the end of Cold War and the outbreak of '9.ll'. In particular, this article focuses on activity after the latter half of 1980's by the Ford Foundation which is the representative foundation in the field of the foreign aid.

社會科學研究 第60巻 第2号(2009-02-03発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。