『社会科学研究』第60巻第3・4合併号

ブロードバンド・サービスの需要分析と情報通信政策
Demand Analysis of Japan's Broadband Services and Information Policy
依田高典/IDA Takanori

Keywords: ブロードバンド・サービス, 携帯電話サービス,離散選択分析, ロックイン効果, レバレッジ効果,

抄録

 本稿では, 普及期と成熟期のブロードバンド・サービスの需要代替性, ADSLからFTTHへのマイグレーションが進む時のロックイン効果, 2Gから3Gへマイグレーションが進む時の携帯電話のブランド競争と技術規格競争の需要代替性, そして固定ブロードバンドと携帯電話の融合が進むときのレバレッジ効果を計量的に検討した

abstract

This paper investigates the following topics that are important when considering broadband and information policies: the demand substitution of broadband services in the era of diffusion and maturity, the lock-in effects when the migration from ADSL to FTTH advances, the demand substitution of mobile phone services in terms of brand and standard competitions, and the leverage effects when fixed and mobile services converge.

社會科學研究 第60巻 第3・4合併号(2009-02-16発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。