『社会科学研究』第60巻第3・4合併号

接続・託送と戦略的インフラ設備投資行動
Access, Wheeling, and Strategic Investment in Infrastructure
水野敬三/MIZUNO Keizo

Keywords: 接続, 託送, 不可欠施設, インフラ整備,

抄録

 本稿は, ネットワーク型産業である情報通信, 電力, 都市ガスの3事業におけるインフラ設備に対する設備投資誘因を考察する. 「接続・託送という経済制度は民間事業者のインフラ設備投資誘因にどのような影響を及ぼすのか」が, 本稿の具体的な問題設定である. インフラ設備投資誘因に影響を与える様々な要因が議論される.

abstract

This paper examines a firm's incentive for infrastructure investment in network industries such as information and telecommunication, electricity, and natural gas. In particular, a main question we ask is: How can the economic institutions of "access" and "wheeling" be influential in investing in infrastructure? Several elements that affect the incentive for infrastructure investment are discussed in this paper.

社會科學研究 第60巻 第3・4合併号(2009-02-16発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。