『社会科学研究』第60巻第3・4合併号

部分自由化後の電力小売市場の競争状況に関する実証分析
An Empirical Study on the Retail Competition in the Japanese Electricity Market after Partial Liberalization
服部徹/HATTORI Toru

Keywords: 電力自由化, 一般電気事業者, 自家発電, 電力価格, 市場支配力,

抄録

  わが国の電力小売市場は2000年に部分自由化されたが, 一般電気事業者が圧倒的な市場シェアを占めたままで, 競争が有効に働いていないとの懸念がある. 本研究では, 部分自由化後の電力小売価格のデータを用いて, 一般電気事業者の市場支配力とマークアップの関係を分析し, 競争状況に関する考察を行った. その結果, 自家発の存在を考慮した電力市場における一般電気事業者のシェアが大きいほどマークアップが大きくなっており, シェアの大きさと市場支配力の行使には理論と整合的な関係があることを明らかにした. 一方, 電力価格が高ければ, 一般電気事業者のシェアは小さくなるという関係が成立し, 一定の競争が働いていることも確認した. また, マークアップは, 自家発を設置する産業用大口需要家の業種別構成によって差が生じており, 特に, いくつかの業種の需要家から比較的強い競争圧力が働いて, マークアップを抑制することなどを明らかにした.

abstract

This paper empirically examines the market power of the incumbent electric utilities in the Japanese electricity retail market after partial liberalization in 2000. Including supply from self-generation facilities of large industrial customers in calculating the market share of the incumbent utility, we estimate the impact of market share on price after controlling the changes in marginal cost. Our results suggest that, as the market share increases, the markup will be greater, which is in line with the theoretical prediction. On the other hand, a higher price leads to a lower market share of the incumbent, suggesting that competition is successful when the price is relatively high. In addition, our results indicate that the markup depends also on the composition of customers by industries.

社會科學研究 第60巻 第3・4合併号(2009-02-16発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。