『社会科学研究』第60巻第3・4合併号

ガス事業者, 電気事業者間のエネルギー需要スウィッチング競争と政策介入のモデル分析―「エコウィル」 VS. 「オール電化」をめぐって―
A model analysis on switching energy demand competition between a gas firm and an electric power firm : 'gas cogeneration system' vs. 'all electrification products'
新海哲哉, 岡村誠, 大川隆夫/SHINKAI Tetsuya, OKAMURA Makoto, OHKAWA Takao

Keywords: スウィッチング競争, ガス会社, 電力会社, 家庭エネルギー, 補助金政策,

抄録

 本研究では非対称な輸送費用を導入した簡単なホテリングモデルを用いて, 家庭用エネルギーを需要する消費者市場をめぐり, ガスによるエネルギーを供給するガス事業者と電気エネルギーを供給する2企業の価格を戦略とする市場競争, とりわけライバル企業のエネルギー需要獲得競争と政府の補助金による政策介入の分析を試みた. ナッシュ均衡状態を社会的に次善な状態にするためには, 政府は何らかの政策的介入により各企業の単位輸送費用間の非対称性を縮小させる必要があることを示した. さらに現実的な2段階ゲームの枠組みで, 均衡では2企業間の単位輸送費用格差が大きい時には, 大きな輸送費用削減政策をとらずに, 消費者に電気事業者(企業2)のサービスを多く需要させ, 逆に2企業間の単位輸送費用格差が小さい時には, 大きな輸送費用削減政策をとり, 消費者にガス事業者(企業1)のサービスを多く需要させるように誘導されることを示した.

abstract

In this paper, we consider a duopoly for home use energy in which a gas company, say, firm 1 and a power company firm 2 compete in price. They also scramble for its rival's energy demand by installing intended solar power generation systems (gas engine cogeneration systems) in firm firm 1 (firm 2)'s customers'houses. Employing a Hotelling model with asymmetric transportation cost to each firm's energy service of consumers, we derive a Nash price competition equilibrium and a second best equilibrium in which the government can control firm 1's unit transportation cost. We show that the government has to decrease asymmetric transportation costs'difference to attain the second best equilibrium. Furthermore, we show that the greater the asymmetry of these transportation costs to firms is, smaller the government's cut-off intervention level to the higher transportation cost is, in the latter.

社會科學研究 第60巻 第3・4合併号(2009-02-16発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。