『社会科学研究』第61巻第2号

ライセンス契約と製品差別化戦略
Patent licensing and R&D competition with endogenous location choice
松島法明, 松村敏弘/MATSUSHIMA Noriaki, MATSUMURA Toshihiro

Keywords: 立地モデル, ライセンス契約, 研究開発投資,

抄録

 標準的なホテリングタイプの立地-価格モデルを用いて, ライセンス契約が企業の製品差別化戦略に与える影響を分析する. ライセンス契約が存在すると, 契約前の企業の費用格差やロイヤリティーの水準によらず最大差別化が実現する. また, 費用削減投資の誘因は総余剰最大化の観点から常に効率的になる. これらの結果は, ライセンス契約が存在しないケースと大きく異なる.

abstract

Using a standard linear city model with two firms, we consider how licensing activities affect the locations of the firms (i.e., the degree of product differentiation) and the incentive for R&D investment. In contrast to recent studies showing that R&D investment results in a large cost differential between firms, thereby leading to firm agglomeration, we find that licensing activities following R&D investment always lead to the maximum differentiation between firms and the mitigation of price competition. We also show that licensing activities induce the socially optimal effort level of R&D activity.

社會科學研究 第61巻 第2号(2010-01-27発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。