『社会科学研究』第61巻第2号

製品差別化複占市場における技術選択と技術補完性
Technology Choice in a Differentiated Duopoly with Complementary Technology
紀國洋, 新海哲哉/KINOKUNI Hiroshi, SHINKAI Tetsuya

eywords: 研究開発, 補完的技術, 企業特殊的技術, 製品差別化, クロスライセンス,

抄録

 本稿では, 費用削減技術に関して, 企業特殊的技術と補完的技術の2種類の技術が存在する場合に, 企業は各技術に対し研究開発資源をどのように配分するかを, 製品差別化が存在する複占モデルを用いて分析する。本稿の主要な結論は次のとおりである。補完性の高い補完的技術を用いる産業においては, 企業特殊的技術への投資比率が社会的に過大となり, 補完的技術への投資比率が過少となる。補完性の低い補完的技術を用いる産業においては, その逆が成立する。また, 製品差別化の程度が高い市場においては, 補完的技術における補完性水準が高くなるほど企業の利潤が増加する。一方, 製品差別化の程度が低い市場においては, 補完性水準が高くなるほど企業の利潤が減少することがある。

abstract

This paper considers duopolists which engage in cost-reducing innovation and product differentiated Cournot competition. Cost-reducing innovation uses two types of technologies; the firm specific technology and the complementary technology. We examine the efficiency of firms'choices of technology types when firms cooperate with respect to the complementary technology. The main findings are as follows. In the industry with the higher (lower) technological complementarity, firms overinvestment (underinvest) in the firm specific technology and underinvestment (overrinvest) in the complementary technology. In the industry with the higher technological complementarity, firms tend to gain more profits when the degree of product differentiation is high. The opposite may occur when the degree of product differentiation is low.

社會科學研究 第61巻 第2号(2010-01-27発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。