『社会科学研究』第62巻第1号

Electoral Adaptation in Japan : Party Strategy after Electoral Rule Change
Frances Rosenbluth, SAITO Jun, YAMADA Kyohei

Keywords: Electoral Rule, Majoritarian, Electoral Adaptation, Party Strategy, LDP

抄録

 本稿は、2005年4月に施行された次世代育成支援対策推進法が出産と女性の就業継続に与えた影響について分析している。次世代法は、企業に対し、従業員が出産・子育てと仕事を両立しやすい環境を整えることを求めている。こうした企業によるサポートは、従業員の出産および女性の就業継続を促進すると考えられる。次世代法は施行時点で大企業(常用雇用者301人以上)に義務化する一方、中小企業(常用雇用者300人以下)には努力義務にとどめている。したがって、次世代法の導入によって企業規模間で従業員に対するサポートの程度に差が生じたと考えられる。すなわち、準実験的な状況が生じたと考えられ、この状況を利用して本稿では、次世代法の影響を実証的に明らかにした。2002年と2007年の就業構造基本調査を使用したDID推定による結果、次世代法は出産と女性の就業継続の同時確率を1%程度上昇させたことが明らかになった。

abstract

This study examines the effect of the Act on Advancement of Measures to Support Raising Next-Generation Children on childbirth and women's job continuity. This Act requires firms to support their employees in bearing and rearing children. In particular, it helps working mothers to continue their careers, thereby reducing the opportunity cost of having children and boosting childbirth. Although the Act requires large firms to support their employees in this regard, it merely recommends that small- and medium-sized firms do so. In consequence, it potentially has greater influence on employees of large firms than on those of small- and medium-sized firms. Difference-in-differences estimation results demonstrate that the Act has a positive effect on the joint probability of childbirth and women's job continuity

社會科學研究 第64巻 第1号(2012-12-01発行)

(更新日: 2012年 11月 30日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。