『社会科学研究』第62巻第2号

国家賠償と求償に関する経済分析
An Economic Analysis on State Liability:Government Compensation and Claim against Public Servants
宮澤信二郎/MIYAZAWA Shinjiro

Keywords: 国家賠償, 求償, 不法行為責任, 重過失,

抄録

本稿では,国民による事故回避のための注意が正の外部効果を持つような状況において,望ましい賠償・求償ルール(国家賠償システム)について分析した.このような状況で, 国民に対して事故回避のために相当な注意を上回る注意を求めるようなルールが許容されない場合には,公務員の責任を重過失責任とし,国民に過失があり公務員に重過失がない場合には賠償を行わないような国家賠償システムにすることにより,セカンド・ベストトの意味で社会的に望ましい結果を達成できる.この結果は日本の国家賠償法における求償権の規定を正当化する棋拠となりうる.また,上記のシステムのナッシュ均衡においては,事故が起こった場合にはその損害が政府により賠償されるものの求償は行われないことから, 現実に求償が行われるケースが極めてまれであるのは国家賠償システムがうまく機能しているからであるという可能性が示唆される。

abstract

I investigate the optimal rules of government compensation to citizens and claim against public servants (state liability system) in a circumstance where the precaution of citizens has a positive external effect. In this circumstance, when systems cannot require citizens to make any levels of precaution more than their due care for the avoidance of the accident, the second best can be achieved under any state liability systems such that the public servant is liable only when he/she is grossly negligent and that the citizen is liable when he/she is negligent and the public servant is not grossly negligent. This result can rationalize the system in Japan. Since the government does not claim the compensation in equilibrium, the fact that governments rarely claim the compensations could imply the system works effectively.

社會科學研究 第62巻 第2号(2011-03-15発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。