『社会科学研究』第62巻第3・4合併号

非正規雇用概念の適用過程からみる韓国労働市場の「格差」 : 日本との比較を通じて
Inequalities in the Korean Labor Market with a Focus on the Concept of "Nonstandard Workers" : A Comparison with Japan
有田伸/ARITA Shin

Keywords: Keywords: 非正規雇用, 韓国, 日韓比較, 経済活動人口調査, 従業上の地位

抄録

非正規雇用という概念の具体的な意味内容は, 社会によって大きく異なり得る. 本稿は, 韓国社会にこの概念がどのように適用され, 何が「非正規雇用」とされてきたのかを現実の雇用構造と照らし合わせながら検討することで, 韓国労働市場における「格差」の性格を明らかにしていく. 韓国においてこれまで非正規雇用として読み替えられることが多かった経済活動人口調査の臨時・日雇カテゴリーは, 確かに労働市場における雇用の安定性や報酬等の格差をすくいとっているが, 分類基準の「土着化」故に, これらの格差は韓国に根強く存在する企業規模間格差の反映ともなってしまっている. これらを考慮すれば, 韓国では正規/非正規雇用の区分が日本ほどには自明でなく, その影響もそこまで独立的なものではない可能性が高い. 以上の韓国の事例と比較すると, 日本の非正規雇用は自明性/標準性と独立性が強く, それが非正規雇用の認識・分析枠組にも影響を及ぼしているという点で特徴的といえる.

abstract

The definition of nonstandard workers may vary across countries. This paper examines how this concept has been applied to Korea and who have been regarded as "nonstandard workers"in the employment structure in order to explore inequalities in the Korean labor market. Although the category of "temporary and daily workers" in the Economically Active Population Survey actually works as a criterion to differentiate disadvantaged workers from others in terms of employment stability and rewards, most of their disadvantages can be attributed to the fact they work for small firms to which labor standards have not been fully applied. In conclusion, as compared to the situation in Japan, in Korea, the distinction between standard and nonstandard workers is vaguer and has less independent effects on workers'status.

社會科學研究 第62巻 第3・4合併号(2011-03-15発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。