『社会科学研究』第63巻第1号

サステイナビリティー,内生的社会的割引率,及び比例的炭素税
Sustainability, Endogenous Social Discount Rate, and Proportional Carbon Tax
大瀧雅之/OTAKI Masayuki

Keywords: Egalitarian, Endogenous Social Discount Rate, Optimal Proportional Tax, Social WelfareFunction, Sustainability JEL Classifications, Q51, Q56, D71,

抄録

 CO2 のような所謂負の公共財(public bads)の異世代間配分を考えるとき,将来世代の効用を割り引くことが許されるかどうかは,極めて深刻な問題である.この論文では,Pezzey (1997) の意味で経済が「サステイナブル」であることを制約としたもとでの,負の公共財の最適配分問題を考える.その結果,次のような結論が得られる.すなわち分権経済おける最適炭素税率を計画経済で実現するためには,社会的割引率を0 としなければならないというものである.

abstract

Whether or not the utility of future generation should be discounted is the most serious problem, specifically when we consider the allocation of intergenerational publicbads such as CO2 . The paper analyzes how the social optimum is attained under the constraint of sustainability that is proposed by Pezzey (1997). We find that there is the following equivalent relationship between the optimal policies: The condition that utility should not be discounted in social planning is equivalent to adopting the socially optimal carbon tax rate in decentralized economy.

社會科學研究 第63巻 第1号(2011-11-01発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。