『社会科学研究』第63巻第5・6合併号

韓国における高齢者の所得保障
Income Security for the Aged in Korea
株本千鶴/KABUMOTO Chizuru

Keywords: 韓国, 多層的老後所得保障体系, ベビーブーム世代, 退職年金, 個人年金

抄録

 本稿は韓国における現在の高齢者およびベビーブーム世代の所得の実態と,高齢者を対象とした公的所得保障と私的所得保障の実態・動向・課題を考察することを目的とする. 現在の高齢者の所得や資産においては低所得や無資産の者が多く,女性や高年齢層,低学歴層,ひとり世帯などが経済的弱者として存在する.また,老後所得源としていまだに私的移転所得への依存度が高いのも特徴的である.ベビーブーム世代では老後所得を準備する割合は増えているが,資産や年金の準備状況には属性によって格差がある.これらの人びとに対する公的所得保障,私的所得保障ともに成熟段階にいたっておらず,政府は社会保障と民間年金市場を活用した多層的老後所得保障体系の構築を対策の要として打ち出している.この対策は構想としては妥当であるが,適用対象と給付水準が適切になるように,社会保障と市場での保障とのバランスが十分に検討される必要があるだろう.

abstract

This paper aims to examine the actual income situation of aged people and baby boomers through the several surveys for the elderly, and consider the situation, trends and issues of income security systems in Korea. Many of the aged people have low incomes and no assets. And the people in the category of women, higher aged, less educated, single household exists as economically disadvantaged. Further, it remains as a characteristic fact that many old people still rely on private income source. On the other hand, more baby boomers prepare for life after retirement, but there is substantial disparity within them.Because of less mature security systems both in public and private, Korean government contemplate to make the multipiller pension systems. This policy concept is appropriate, but to accomplish it, the balance of public and private must be considered carefully.

社會科學研究 第63巻 第5・6合併号(2012-03-27発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。