『社会科学研究』第63巻第5・6合併号

タイのプロビデント・ファンドと所得保障
Provident Fund and Income Security in Thailand
末廣昭/SUEHIRO Akira

Keywords: 福祉システム, 企業福祉, 退職金制度, プロビデント・ファンド, 所得保障

抄録

 タイの社会保障制度は,職域別にみると公務員,民間企業の従業員,そして農民・自営業者などの「制度外経済」下の国民の3 つのグループに分かれる.また,給付されるサービス別にみると,大きく医療保障(健康保険),所得保障(年金,退職金制度),雇用保障の3 つに分けることができる.本章はこのうち,民間企業の従業員を対象とする所得保障,とりわけ使用者と被用者(保険者本人)が負担する任意加入方式の退職積立金,すなわちプロビデント・ファンド(PVD.2011 年9 月現在,加入企業1 万1000 社,225 万人)を取り上げる.具体的には,1990 年以降のプロビデント・ファンドの発展過程,ファンドを運営する資産運営会社の実態,ファンドの運用状況を概観したあと,2009 年に筆者とタイ技術振興協会(TPA)が実施した企業アンケート調査201 社の結果にもとづいて,PVD の特徴と問題点を明らかにする.また,公務員,民間企業に比べ所得保障(国民年金)の制度設計が遅れている「制度外経済」下の国民を対象とする国家年金基金構想(タックシン政権)と国家貯蓄基金制度(アピシット政権)についても,併せて検討する.

abstract

The coverage of the social security system in Thailand is divided into three major groups of government officers, employees in private sector, and people who belong to an informal economic sector (setthakit nok rabop) such as farmers and self-employed persons. According to the classification of welfare services, they include medical service security, income security (pension and retirement funds), and employment security. This paper analyses income security in private sector by focusing on a voluntary scheme of retirement fund or provident fund (PVD: Kong-thun Samrong Liang Cheep) which include 11,000 member firms with 2.25 million employees in September of 2011. After reviewing the development and the administration of PVD as well as the activity of asset management firms, the author explores features and problems for PVD in Thailand on the basis of questionnaire survey (201 companies) conducted by Technology Promotion Association (TPA) and the author in 2009.

社會科學研究 第63巻 第5・6合併号(2012-03-27発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。