『社会科学研究』第64巻第3号

ベイルアウトは経済厚生にいかなる影響を及ぼすか?――ヨーロピアン・コールオプションを例として――
How does Bailout Affect the Economic Welfare?: The Case for European Call Option
大瀧雅之/OTAKI Masayuki

Keywords: コールオプション, ベイアウト, 経済厚生

抄録

ヨーロピアン・コールオプションの売り手・買い手双方の利得関数をもとに,ブラック・ショールズ公式を導出した.そしてこの利得関数に基づくアプローチを適用して,投機失敗時のベイルアウトが事前に読み込まれた場合のオプション価格を計算した.この結果,ベイルアウトがよそに組み込まれることにより投機家は,(i)より大きな利幅を求めてより危険な行動するようになること,(ii)ベイルアウトの資金が投機家以外の市民から税により徴収されるという現実を踏まえたとき,ベイルアウトの実施は確実に社会厚生を低下させること,を証明した.

abstract

This article derives the Black-Sholes formula as an equilibrium of a zero-sum game. Such approach facilitates to introduce various regulations such as bailout into the option-pricing model. We find that the bailout always worsens the social welfare because the option game with the bailout also constitutes the zero-sum game.

社會科學研究 第64巻 第3号(2013-03-26発行)

(更新日: 2013年 4月 4日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。