『社会科学研究』第64巻第3号

銀行主導の企業再建の再検討――銀行-企業間関係・債権者調整スキーム・損失負担配分――
Reassessment of the Bank-led Corporate Restructuring: Impacts of Bank-firm Relationship and Scheme of Negotiation on Burden Sharing among Lenders
鯉渕賢/KOIBUCHI Satoshi

Keywords: 損失負担配分, 私的整理, 債権放棄, 銀行-企業間関係, シャプレイ値

抄録

財務危機に陥った企業の債務超過を解消するために債権者間でどのように債権放棄損失の負担を配分するのかという問題は、企業再建における重要の論点の1つである。本稿では1998年から2004年にかけての日本の主要な大企業の私的整理事例において、メインバンクとその他の債権者間の損失負担配分がどのような要因により決定されていたのかを、理論モデル、ケーススタディ、そして計量分析によって包括的に再検討し、メインバンク-顧客企業関係の親密度と債権者調整スキームの設計が債権者間の損失負担配分の重要な決定要因であることを見出した。本稿の結果は、1990年代から2000年代の日本の金融危機を、より現代的な視点から詳細に再検討することにより、企業再建やコーポレートガバナンスという論点に関わるより普遍的な知見を得ることのできる可能性を強く示唆している。

abstract

This paper comprehensively investigates determinants of burden sharing among lenders by theoretical model, case study, and empirical examination. Using the cases of large Japanese non-financial companies that experienced debt forgiveness under the out-of-court corporate restructuring, we found the closeness of bank-firm relationship and the design of scheme for corporate restructuring are important factors to determine the distribution of burdens among lenders. This paper’s results suggest that we will have new insights on corporate restructuring by re-examining the cases of Japanese distressed companies during Japan’s financial crisis in light of more contemporary corporate finance and governance.

社會科學研究 第64巻 第3号(2013-03-26発行)

(更新日: 2013年 4月 4日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。