『社会科学研究』第64巻第3号

取引銀行の生産性が顧客企業の設備投資行動へ与える影響について――企業-銀行マッチレベルのパネルデータを用いた実証分析――
Productivity of Banks and Client Firms' Capital Investments: Evidence from Firm-Bank match-level data
宮川大介, 乾友彦, 庄司啓史/MIYAKAWA Daisuke, INUI Tomohiko, SHOJI Keishi

Keywords: 銀行の生産性, 設備投資, 金融市場の不完全性

抄録

本論文は、銀行の生産性に関する計測手法を提案するとともに、取引銀行の生産性が顧客企業の設備投資に対して与える影響について検討したものである。第一に、銀行のアウトプット計測に関して提唱されているFISIMアウトプット(間接的に計測される金融仲介サービス)がリスク量を勘案していない、との批判を踏まえて、FISIMアウトプットへリスク調整を行った上で、営業費用との比率を用いて銀行の生産性を計測する。第二に、この生産性パネルデータに加えて、企業と銀行の財務データおよび両者間のローン取引データを用いることで、取引銀行の生産性と顧客企業の設備投資との関係を実証的に分析する。具体的には、高い設備投資機会を有するにも関わらず、強いキャッシュフロー制約に直面している企業が円滑な設備投資を行うために、生産性の高い銀行との取引関係が重要であるとの結果が得られた。この結果は、企業ダイナミクスやパフォーマンスの決定要因として、取引銀行などの関係主体の特性を考慮する必要があることを示唆している。

abstract

This paper proposes one measure of bank productivity and studies how it affects the sensitivity of client firm's capital investment with respect to investment opportunity. As a direct measure of bank-level productivity, we employ the risk-adjusted profit of an individual bank, which is considered as output in a modified version of FISIM (Financial Intermediation Services Indirectly Measured) concept, per its operating cost. The panel estimations for an extended investment equation based on Q-theory show that cash-flow constrained firm’s capital investment becomes more sensitive to investment opportunity in statistically and economically significant levels as they hold the relationships with more productive banks. These results imply that it is necessary to relate firm performances to the characteristics of related parties to the firm.

社會科學研究 第64巻 第3号(2013-03-26発行)

(更新日: 2013年 4月 4日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。