東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

『社会科学研究』第64巻第3号

ベンチャーファイナンスの現状と課題――研究開発型ベンチャーを中心に――
Current Issues and Status of Venture Finance in Japan: Mainly of New Technology-Based Firms
丹野光明/TANNO Mitsuaki

Keywords: ベンチャーファイナンス, 知的財産権担保融資, ベンチャーファンド, ビジネスエンジェル, 地域エコシステム

抄録

ベンチャーファイナンスは、これまで官民あげて様々な取り組みがなされてきたが、長引く不況、株式市場の低迷等により、従来型のIPOモデルも行き詰まり、ベンチャーキャピタルにとっても民間ビジネスとして魅力が失われつつある。従来の施策の延長線では失敗を繰り返すことになり、ベンチャーファイナンスを再生させるためには、起業家教育も含めて地域エコシステムの構築(ベンチャーが育つビジネスインフラの整備等)の抜本的な対策が必要である。一方、地域産業振興や被災地の振興に当たっては、短期間で高い収益力を見込むことが難しいことから、十分な政策的な支援を行うべきである。

abstract

Until recently, various efforts have been made to include public and private involvement in venture finance. However, because of the prolonged recession, and downturn in the stock market, conventional IPO models have stalled as attraction is being lost not only for private business but also for venture capital. Therefore, any extension of the conventional measures will likely result in repeated failure, Thus, in order to regenerate venture finance, measures including construction of regional eco-system (such as the development of business infrastructure venture growth), and entrepreneurial education are needed. At the same time, sufficient policy-oriented aid and promotion of regional industrial development must be provided in affected areas, where expected high profitability in the short term is difficult.

社會科學研究 第64巻 第3号(2013-03-26発行)

(更新日: 2013年 4月 4日)