『社会科学研究』第65巻第1号

資格認定の実施過程におけるアクターの応答性の規定要因とそのメカニズム―福井県の要介護認定調査の分析から―
The Determinants and Mechanisms of Agent Responsiveness for the Implementation Process of Care-Needs Certification for Long-Term Care Insurance: Evidence from Surveys Conducted in the Fukui Prefecture, Japan
荒見玲子/ARAMI Reiko

Keywords: 応答性, 要介護認定, 第一線職員, アンケート調査, 計量テキスト分析,

抄録

 本稿は、要介護認定の政策実施過程のガバナンスを題材に、資格認定業務に関わる様々なアクターの応答性を規定する要因とそのメカニズムを探求する。認定の執行過程における応答性を「クライアントの多様性や個別性をルールの範囲内で追及し、ニーズを満たそうとする」と定義し、その規定要因とメカニズムを2012年夏に福井県で行った認定調査員と認定審査会委員へのアンケート調査を使って検証した。通常の選択肢項目の計量分析とその自由回答項目の計量テキスト分析を組み合わせるという方法論の工夫を行っている。その結果、第一に、第一線職員である認定調査員の応答性を高めるのは、主に担当課との情報共有のあり方や審査会事務局の審査方針の把握といった、行政との関わりによってであること、第二に、認定審査会委員の応答性を高めるのは、他の審査会委員の審査の傾向などの動向を把握することであり、応答性を低めるのは、審査会事務局の関与により、審査会委員の役割が限定される時であるという二点が明らかとなった。

abstract

What motivates the agents of a social security qualification program to be responsive to the program's applicants? In order to examine this question, I focus on the Care-Needs Certification for Long-Term Care Insurance program. This study shows and tests what factors are associated with responsiveness and how they affect people's responsive attitudes, using data collected from surveys of long-term care certification investigators (N=562) and members of the Care Needs Certification Board (N=156). This survey research was conducted in the summer of 2012 in the Fukui Prefecture, a rural area of Japan. Combined quantitative analysis of choices and quantitative text analysis of answers to open-ended questions, the results show that local officials' supervision raises the investigators' responsiveness, and the attitudes of members of one Care Needs Certification Board raises the responsive attitudes of members of other Boards in the same municipality.


社會科學研究 第65巻 第1号(2014-05-08発行)

(更新日: 2014年 5月 8日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。