『社会科学研究』第65巻第2号

グローバル化時代の移民法制と家族の保護 ― 家族呼び寄せ指令とドイツの新移民法制 ―
Migration law and family protection in an era of globalization. Family reunion directive and new migration law in Germany
大西楠・テア/OHNISHI Nami Thea

Keywords: 移民法制 家族呼び寄せ指令 基本法6条 グローバル化 家族の保護

抄録

ドイツの移民法制はヨーロッパ化による構造的な変化に直面している。本稿が主題とする移民法制における家族の保護という文脈では、EC指令の成立によってドイツ滞在法における家族呼び寄せが大幅にヨーロッパ法の規律を受けることになった。その結果として、一方において国内の立法者は、EU共通移民政策に適合的に国内法を整備する必要に迫られる。他方においてドイツの国内裁判所は、国際人権法、ヨーロッパ法、国内憲法に適合する形で、国家の移民政策と家族生活の保護との間に均衡を見つけなければならない。こうして多層的な規範構造の中に置かれたドイツの移民法制は、様々な公法上のアクターが協働し、あるいは対立しながら動態的に法秩序を発展させていく舞台として理解できる。

abstract

The German migration law faces a structural change because of Europeanization. Since the enactment of the Council Directive 2003/86/EC, the Member States have to apply common rules of European law to family reunification. Concurrent with the legislative Process of the Directive, Germany passed a new immigration act. The legislative process took place at the same time at the German and the European level. On the one hand the Directive contains several open clauses reflecting German conditions. On the other hand, the German legislature has to consider European family reunification policy in implementing the Directive to German law. As a result the German migration law reflects a multi-leveled family reunification policy, while German courts have to take human rights on multiple levels into consideration when reviewing the policy.

社會科學研究 第65巻 第2号(2014-03-31発行)

(更新日: 2014年 06月 16日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。