『社会科学研究』第66巻第1号

資源枯渇型都市の貧困問題――中国遼寧省阜新市における産業構造転換が教えること――
Poverty Problems in an Exhausted Mining City: Lessons from the Transformation of the Industrial Structure at Fuxin, Liaoning
施錦芳/SHI, Jinfang

Keywords: 貧困、資源枯渇、炭鉱、失業、産業構造転換

抄録

 鉱山資源に依存して発展してきた地方で資源の枯渇に直面したとき、労働者の失業が起き、地域経済の衰退で再就職も困難ということになると貧困問題が発生する。本稿では大規模な露天掘り炭鉱が枯渇し、残る炭鉱も枯渇が近づいている遼寧省阜新市における貧困問題を取り上げた。阜新市では2011年時点で人口の16.6%が生活保護の対象となるなど貧困問題は深刻だが、地元政府は産業構造の転換によって貧困問題の解消を図ってきた。国内の有力な食品加工企業の誘致による農業と畜産業の振興、観光業の振興、不動産開発などが推進されている。

abstract

The exhaustion of mining resources may result in mass unemployment in mining cities. If the local economy depends heavily on mining, the exhaustion may even lead to poverty. This paper deals with the poverty problems caused by the exhaustion of coal resources at Fuxin, Liaoning, a city which has depended heavily on coal mining. Fuxin faces serious poverty problems, with 16.6 percent of the local population on welfare as of 2011. The Fuxin municipal government has been trying to tackle poverty by changing the industrial structure. Through the introduction of food processing industry, the city has tried to stimulate the development of local agriculture and husbandry. Tourism and real estate are also the focuses of local development.


社會科學研究 第66巻 第1号(2014-12-15発行)

(更新日: 2014年 12月 15日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。