『社会科学研究』第66巻第1号

鉱産資源と発展――チベットにおける環境問題
Minerals and Development: The Environmental Discord in Tibet
ナビール・A・マンチェリ(丸川知雄訳)/MANCHERI, Nabeel A.

Keywords: 環境問題、銅鉱山、チベット

抄録

 中国では急速な経済発展に伴って環境破壊も著しいスピードで進行している。本稿ではチベットの大規模な銅鉱山であるギャマ鉱山の事例から経済開発がもたらす環境悪化の状況を報告する。高地に位置するギャマ鉱山は1990年代以降開発が始まったが、民間資本による乱開発が進んだのち、2007年から中央直属の国有企業が一括して管理することになった。鉱山会社は地元に対する社会的責任を果たしていることを強調しているが、2013年5月に83人の犠牲者が出る土砂崩れが起き、その事故に関する報道が統制されるなど、政府は鉱山による環境と地元社会に対する破壊的影響を直視していない。

abstract

China is undergoing huge economic development as the country contributed 29 percent of global growth in gross domestic product in 2013. .This rapid development comes at a cost of unprecedented environmental degradation even affecting beyond its domestic territory. China’s enormous demand for mineral and energy resources to fuel its economy has led to a devastating effects on its environment which was completely ignored until recently. The objective of this paper is to analyze the environmental issues related to heavy metal mining in Gyama in Tibet which have seen a wide range of environmental problems, local resistance and government suppression in last few years. Through this case study, the problems related to mining, impacts and the Chinese government’s response is critically analysed in detail.


社會科學研究 第66巻 第1号(2014-12-15発行)

(更新日: 2014年 12月 15日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。