『社会科学研究』第67巻第2号

Intergenerational governance

佐々木弾/SASAKI Dan

Keywords: 社会的意思決定, 民主, 参加, ステーク, 異時点間外部性

抄録

 民主的ガバナンスの指標として世上頻用される「参加」、例えば投票率の高さ、は必ずしも人々の真の選好の精確な反映を意味しない。この意味で、参加率の高い意思決定ほど真に民主的、とは限らない。何故ならば、参加率の高さとは、相対的に関心の薄い者たちの票が多数混入していることに他ならないからである。それらがより関心の高い者たちの真摯な票と対等に集計されれば、社会的意思決定の精確度を薄めるという逆効果の惧れがある。この典型例が参政であり、政治の影響を末永く被る若年者の票と、ステークの限定的な老年者の票とが同重であることは、財政など将来性の大きな政策決定ほど深刻に歪めてしまう。本章では「参加」を謂わば商品化し、それに修正市場性を持たせることでこの問題を解決する道を小考する。

abstract

Participation, one of the most frequented criteria in assessing democracy and good governance, does not guarantee true accuracy in reflecting public opinions onto social decisions. High participation inevitably implies indifferent and unenthusiastic votes diluting more serious votes, especially when they are counted parity. Public election gives a prime example where young voters with lifelong stakes and elderly ones whose stakes are considerably lesser, are weighted ballot-to-ballot not according to true stakes, resulting in suboptimal social decisions in intertemporal policies such as public finance. This chapter contemplates a potential remedy by pseudo-securitising participation rights through an appropriately adjusted market mechanism.


社會科學研究 第67巻 第2号(2016-03-31発行)

(更新日: 2016年 3月 31日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。