『社会科学研究』第68巻第1号

現代国際法における武力紛争が条約に及ぼす効果
The Effect of Armed Conflict on Treaties in Contemporary International Law
若狭 彰室/WAKASA Amuro

Keywords: 条約法,戦争,武力紛争,jus ad bellum,jus in bello

抄録

 伝統的に「戦争が条約に及ぼす効果」と呼ばれてきた問題は,現代では「武力紛争が条約に及ぼす効果」という名称の下で検討されるようになった。この「武力紛争が条約に及ぼす効果」の規律構造を巡っては,伝統的議論枠組と呼ぶべきものがある一方で,現代の事実的・規範的状況を反映した新たな論点が提起されている。様々な学説や法典化作業にもかかわらず,どのような場合にどのような効果がどのような条約に及ぶのか,その規整は不明確なままであり,国際判例にも対照的といえる判断が見受けられる。こうした状況の基底には,議論の前提となっている「戦争が条約に及ぼす効果」の法的根拠がどのようなもので,それを踏まえて武力紛争と条約の関係を現代国際法においていかなる法的枠組で捉えるかが明らかでないという課題の存在がある。

abstract

Despite the efforts made by writers and the International Law Commission, the effect of armed conflict on treaties, or, possibly more broadly, the relationship between armed conflict and treaties is still uncertain or even being far from settled. In addition to the traditional issues argued under the title of the effect of war on treaties, such as the criteria for determining the effect, new theoretical issues have emerged due to the factual and normative changes arose in international society.
Exploring literatures, the work of the ILC and several decisions of international tribunals made after the WWII, the present paper observed the continuing influence of the traditional framework formed for examining the effect of war, and given the absence of fundamental principle regulating the topic, it urged a need for reconsideration of the rationale behind the traditional doctrine with the purpose of dealing with today’s issues.


社會科學研究 第68巻 第1号(2017-03-17発行)

(更新日: 2017年 3月 17日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。