研究スタッフ

樋渡展洋 (HIWATARI Nobuhiro)

2017-06-07 更新

所属部門 比較現代政治部門・政治変動分野 教授
専門分野 政治経済・国際政治経済
e-mail hiwatari@iss.u-tokyo.ac.jp
個人ページ http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/~hiwatari/

経歴

1993年4月-1998年3月 東京大学社会科学研究所助教授
1994年12月-1996年5月 ハーバード大学国際問題研究所客員研究員およびケンブリッジ大学セント・ジョ ンズ・カレッジ海外フェロー
1996年8月-1997年6月 カリフォルニア大学 バークレー 校政治学部客員教授
1998年4月- 東京大学社会科学研究所教授
1999年9月-2000年6月 コロンビア大学政治学部客員教授
2005年8月-2006年8月 ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所客員研究員
2009年8月-2010年8月 イェール大学マクミランセンター客員研究員(東大・イェール・イニシアチブ派遣)
2015年8月-2016年8月 イェール大学マクミランセンター客員研究員・政治学部客員教授

2016年度以降の業績

2015年度までの主要業績

  1. Inside Japan’s Leviathan: Decision-Making in the Government Bureaucracy (with Brian Woodall), Institute of Governmental Studies, University of California: Berkeley, 1988.
  2. 『戦後日本の市場と政治』東京大学出版会, 1991年.
  3. 「戦後日本の社会・経済政策レジームと与野党競合」『戦後日本の社会・経済政策(年報近代日本 研究15)』山川出版, 1993年.
  4. 「55年体制の『終焉』と戦後国家」『レヴァイアサン』16, 木鐸社, 1995年.
  5. 「現代日本の比較政治経済分析の方法論的検討」『レヴァイアサン』17, 木鐸社, 1995年.
  6. 「『55年』政党制変容の政官関係」日本政治学会(編)『現代日本政官関係の形成過程(年報政治学1995)』岩波書店, 1995年.
  7. “Explaining the End of the Postwar Party System”, Junji Banno (ed.), The Political Economy of Japanese Society, Vol. 2: Internationalization and Domestic Issues, Oxford University Press, 1998.
  8. “Adjustment to Stagflation and Neoliberal Reform in Japan, the UK, and the US”, Comparative Political Studies, 31(5): pp.602-632, 1998.
  9. 「政治改革運動と戦後政党制の変容:イタリアと日本の比較」『社会科学研究』 50(2): 99-126頁, 1999年.
  10. “Japanese Corporate Governance Reexamined”, Margaret Blair and Mark Roe (eds.), Employees and Corporate Governance, Brookings Institution: pp.275-313, 1999.
  11. “The Reorganization of Japan’s Financial Bureaucracy: The Politics of Bureaucratic Structure and Blame Avoidance”, Hugh Patrick and Takeo Hoshi (eds.), Crisis and Change in the Japanese Financial System, Kluwer Academic Publishers: pp.109-136, 2000.
  12. “Disinflationary Adjustment: The Link Between Economic Globalization and Challenges to Postwar Social Contracts”, Olivier Zunz, Leonard Schoppa, and Nobuhiro Hiwatari (eds.), Social Contracts Under Stress: The Middle Classes of America, Europe, and Japan at the Turn of the Century, Russell Sage Foundation: New York: pp.281-318, 2002.
  13. 「長期経済停滞下の財政出動と構造改革:90年代政策Uターンの経済部門的基盤と政党政治的帰結」『社会科学研究』53(2·3): 133-171頁, 2002年.
  14. 「財政政策:景気対策と構造改革」樋渡展洋・三浦まり(編)『流動期の日本政治:「失われた十年」の政治学的検証』東京大学出版会: 199-218頁, 2002年.
  15. “Embedded Policy Preferences and the Formation of International Arrangements after the Asian Financial Crisis”, The Pacific Review, 16(3): pp.331-359, 2003.
  16. 「経済政策の国際・国内連携と銀行部門危機処理の政策経路」『レヴァイアサン』34: 53-90頁, 木鐸社, 2004年.
  17. “The Problem of Macroeconomic Crossroads: Explaining the Economic Policy Paradox of Switzerland and Japan in the 1990s”, Swiss Political Science Review, 10-3: pp.137-178, 2004.
  18. 「国際経済交渉と政策選好:アジア金融危機を事例に」藤原帰一・李鐘元・古城佳子・石田淳(編)『国際政治講座3 経済のグローバル化と国際政治』東京大学出版会: 87-144頁, 2004年.
  19. 「90年代国際的ディスインフレ期の不況と経済政策選択:ドイツ、スイス、日本の景気低迷・政策対応と政策選択的視角の重要性」『社会科学研究』56(2): 3-54頁, 2005年.
  20. 「国際的不況とディスインフレ的経済規律:経済政策における選択肢と90年代長期経済停滞の日本・スイス比較」『レヴァイアサン』36: 105-145頁, 2005年.
  21. “Japan in 2004: ‘Courageous’ Koizumi Carries On”, Asian Survey, 45(1): pp.41-53, 2005.
  22. 「小泉改革の位相」東京大学社会科学研究所編『「失われた10年」を超えて II 小泉改革の時代』東京大学出版会: 25-72頁, 2006年.
  23. 「長期経済停滞下の財政運営と銀行部門再建」東京大学社会科学研究所編『「失われた10年」を超えて II 小泉改革の時代』東京大学出版会: 145-190頁, 2006年.
  24. “Japan in 2005: Koizumi’s Finest Hour”, Asian Survey, 46(1): pp.22-36, 2006.
  25. 「小泉改革の条件:政策連合の弛緩と政策過程の変容」『レヴァイアサン』39: 100-144頁, 2006年.
  26. 「序文:選挙制度改革後の政党政治変化と選挙制度不均一仮説」『社会科学研究』58(5·6): 1-20頁, 2007年.
  27. 「アメリカ対外政策の継続と民主制度」日本政治学会編『年報政治学 2008-II 政府間ガバナンスの変容』木鐸社, 182-216頁, 2008年12月.
  28. “Structural Reforms at OECD Countries: The international monetary and domestic legislative causes of policy similarity”, 『社会科学研究』62(1), pp. 25-50, 2011.
  29. 「政党政治の混迷と政権交代—新選挙制度と長期経済停滞」樋渡展洋・斉藤淳編『政党政治の混迷と政権交代』東京大学出版会: pp. 1-25, 2011年.
  30. 「経済危機と政党戦略」樋渡展洋・斉藤淳編『政党政治の混迷と政権交代』東京大学出版会: pp. 45-70, 2011年.
  31. “Political Regimes and Adjustments to the Global Economy” 『社会科学研究』63(3・4): pp. 5-22, 2011年.
  32. 「国際資本移動増大の帰結と政治体制の対応形態—世界不況後の国際協調の特性」『レヴァイアサン』50:pp.62-89, 2012年.
  33. 「国際的不均衡の国内的起源と金融危機後の国際協力の可能性」中逵啓示・浦田秀次郎編『なぜリージョナリズムなのか』(ナカニシヤ出版, 2013).

今後の研究テーマ

(1)先進諸国の経済危機と代表民主政の政策対応
Representative Comptence and Economic Adjustment: How the OECD Democracies respond to international recessions
(2) 民主化の拡大・経済危機と地域政治経済連携の変動
Interdependence and Rivalry: Economic crisis , democratization, and the changing patters of regional alignments

2016年度の教育活動

東京大学大学院 法学政治学研究科・総合文化研究科 「民主統治過程の理論と実証」
東京大学大学院 公共政策大学院 「国際政治経済II」
東京大学 教養学部 「政治学研究」
Yale大学 政治学部 「International Relations of Japan in the Asian Pacific」

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。